病理検査研究班

Share on Facebook



病理検査研究班研修会のお知らせ

日 時:平成26年3月15日(土曜日)13:00〜17:00
場 所:神臨技センター
研修会内容
1.「医学検査学会発表プレビュー」
    医学検査学会で発表された県内施設の有志のみなさま
2.「ゴム手袋の特性と正しい選択」
株式会社ジェイ・エス・エス 井上 靖昭 氏
3.「臓器写真撮影の基本と応用」
西尾市民病院(愛知県) 臨床検査室病理 中村 広基 技師


会 費:会員500円 非会員8000円
生涯教育点数:臨床専門 C-20


医学検査学会発表プレビュー

1.肺癌における抗 p40 rabbit polyclonal 抗体の有用性の検討
小山田 裕行(東海大学医学部付属病院 病理検査技術科

2.肝細胞癌における抗Arginase-1抗体の有用性の検討
芹澤 昭彦 (東海大学医学部付属病院 病理検査技術科)

3.病理標本の保管・保存に関するアンケート調査結果
島田 直樹 (聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院)

4.色素の分子構造から考える膠原線維染色の理論考察
磯﨑 勝(小田原市立病院)

5.病理検体の患者識別「バノックガン認証法」の新提案
久場 樹 (北里大学病院 病院病理部)

6.界面活性剤脱パラフィン処理の検討〜キシロール使用低減への提案
山下 和也 (北里大学病院 病院病理部)

サクラ病理技術賞 神奈川ほぼ連続受賞お祝いならび懇親会のご案内

本研修会終了後に昨年サクラ病理技術賞を受賞した北里大学病院の山下技師を囲んでお祝い会と懇親会をおこないます.多くのみなさまの参加をお待ちしております.
場所:酔樓本館(横浜中華街)
時間:17:30〜
会費:3000円


 

 

 
[各地区の活動]
 

  

  




薄切動画の供覧 小田原市立病院 磯崎勝 提供
YouTube Preview Image


Topics








病理検査研究班が行っている活動

 検体過誤に関する特集

病理技術者のためのメーリングリスト

みなさんは、自分の施設の病理技術に疑問を感じたことはありませか?自分の施設で行っている方法が標準的な方法だと思ったら大間違いです。
このメーリングリストは全国の病理技術者が集い、多くの問題を皆で討論、解決していこうという試みによって行われています。参加に対して、技師会や学会の会員であることなどの制限は設けません。全国の病理技術者と語り合ってみませんか?
参加を希望される方は上のタイトル「病理技術者のためのメーリングリスト」をクリックしてください。


 NAKAMA-Project

NAKAMA-Project (ナカマプロジェクト)は、インターネットなどのによる情報交換を含めて、積極的な病理技術者間の繋がりをつくっていこうというプロジェクトです。

このプロジェクトに賛同いただける方は、学会・講演スライドなどの隅にロゴを入れていただけると幸いです。


NAKAMA-Projectのfacebook




神奈川県精度改善事業報告


各年度の報告書を参照できます.